むしろなぜ一人じゃないと思った