長谷部が一人部屋で主を思って自らを慰めてる姿が目に浮かぶ